古くなったオフィスの改装費用を安くするための方法と注意点

office2

オフィスが古くなってくると、来客への印象も良くないし、床がめくれてつまずきやすくなるなどの事故につながる可能性も出てくる。また、そこで働く従業員の士気も上がりにくくくなり、仕事に対するやる気にも影響が出てくるおそれがある。

オフィスの劣化が目に付くようになったら、改装して清々しい気持ちで仕事にのぞみたいものである。

古くなったオフィスを改装しようと思ったら、まず気になるのはその費用だろう。これまで業者に依頼したことのない人には、どこから手をつけていいかわからないことも多いと思われる。そこで、オフィスの改装費用をできるだけ安くするための方法とその注意点をご説明する。

 

オフィスの改装にかかる費用の相場はどのくらい?

まず、オフィスの改装にはどのくらいの費用がかかるのか、一般的な相場を知ることから始めよう。一口に改装と言っても、その範囲や改装の種類などは豊富である。

たとえば、オフィスの中でも会議室だけ改装したい、受付も見栄え良くしたい、看板も取り替えたいとなると、費用もバラバラである。そこで、ここでは一般的なオフィス全体の壁紙・タイルカーぺット・天井などの内装工事について考えてみたい。

オフィス内装工事の基本的な相場は、1坪あたり10万円〜30万円位になる。たとえば20坪ほどのオフィスなら、200万円〜600万円位と考えてみると良いだろう。

まずは、改装したいオフィスの面積を算出して、基本的な費用がいくらぐらいになるか計算してみよう。それに追加して、間仕切りのためにパーテーションを設置したり、家具を新しくしたりするための予算を計算すると、おおまかな費用がわかってくるだろう。

→『オフィス内装工事&デザインの見積り比較はこちらより』

 

オフィスの改装を依頼するにはどんな業者にまかせるべきか?

オフィスの改装は、どんな業者に依頼すれば良いか、改装の手順と共にご説明する。

<おおまかな手順>
現状調査→デザインプラン(設計)提案→家具搬出→改装工事→家具搬入

以上のような流れで改装を行うのだが、それぞれ別の業者に依頼することも可能である。たとえば、レイアウトに関してはデザイン会社、家具の搬入搬出は運送会社や引っ越し会社に依頼するなど。

しかし、それぞれ別の業者に依頼するのは、それだけ業者の選別や手続きなどに時間や手間がかかるし、なによりデザイン(設計)料金などは特に費用がかさんでしまう。

おしゃれなオフィスで働きたいという人も多いだろうが、あくまでオフィスは機能性重視、働きやすい環境が第一である。オフィス改装の経験豊富な内装デザイン工事会社ならば、改装の企画からアフターフォローまで一貫して依頼することができる。

また、古くなったオフィスの改装ならば、机やキャビネットなどの事務用家具もだいぶ古くなっていると思われる。全面的な改装工事をするのならば、家具も一旦搬出して一時保管しなければならないので、その料金についても考えなければならない。

新しいデザインに合うような家具を新調するのなら、古い家具は売却したり処分すれば保管する必要はなくなる。そのような備品や家具についても、設計施工を一貫で行う業者ならば、内装工事の流れに沿って相談することができる。

こういった理由から、オフィス改装を依頼するには、一つの業者に設計施工一括で依頼するのが費用を抑える上で重要になってくる

 

オフィスの改装中の業務はどうすればいい?

オフィスの改装工事中は、もちろん通常の業務はできないので、その間は業務を休むか、別の場所で一時的に業務を行うことになる。オフィスの改装工事にかかる期間は、広さや工事内容にもよるが、壁紙・床・天井などの基本的な内装工事なら、1週間〜1ヶ月程度を考えておくと良いだろう。

数日程度なら休業も可能だと思うが、1ヶ月にもなると、まるまる休業するのは支障が出るだろう。その場合、どこかほかの場所を借りて仮のオフィスとして業務を行うことになると思われる。

それにはもちろん仮のオフィスの家賃や、移転に伴う費用が加算されるので、長期間になる改装工事には、それらの費用も予算に入れなければならない。また、取引先や顧客への案内や、従業員の通勤なども考慮しないといけないので、悩みどころである。

そのような事態を回避するには、業者にもよるが、夜間や土日などの業務時間外に工事を進めてもらうという方法もある。

工事中のオフィスで仕事をするのは落ち着かないし、その分期間も長くなってしまうが、費用を抑えるにはどちらがいいか、一時移転するより効率が良いかどうかなど、業者に相談してみてほしい。

→『オフィス内装工事&デザインの見積り比較はこちらより』

 

業者に見積もりを取る時に気をつけるべきことは?

オフィスの内装工事において、重要となるのが業者選びである。オフィス内装工事の業者は多数あり、ネットで検索してホームページを見るだけでは、どの業者がいいか見極めるのは難しいだろう。

実際に利用したことのある企業の口コミや紹介があると確実だが、その場合でも勧められた1社のみで即決する前に、ほかの業者も参考にしてみよう。

工事内容や、求めるオプション(夜間工事は可能か、家具搬入までやってくれるかなど)に応えてもらえるかどうかなどを必ず確認して、後々トラブルにならないようにしたい。

どの業者も、見積もりやレイアウト案の提出は無料のところが多い。まずは、複数の業者に見積もりを取ってどの程度差が出てくるか確認してみよう。たとえば、20坪のオフィス改装で見積もりを取った場合、A社は200万円、B社は300万円などの違いが出たとする。

安く抑えたいのは山々だが、安くても材料が悪かったり、仕上げが良くなかったら改装する意味がなくなってしまう。だが、業者によっては、こちらが素人だからと甘く見て高めに設定してくる場合もある。

そこで、できるだけ多くの業者に見積もりを取り、その詳細について確認し、「A社ではこの価格だが、御社ではなぜこの価格になるのか」と、強気で価格交渉をしてみるのはどうだろうか。

質の良い材料を使っているのなら納得できるし、場合によってはそちらのほうが長い目で見てお得かもしれない。タイルカーペットひとつとっても、1枚200円位のものから数千円するものまで、その価格はピンキリである。

安いものは、自宅の床に敷くのならそれほど問題はないが、オフィスに使用する場合は靴で歩くことが多いので、防音性に優れたもの、ホコリの出にくいもの、劣化しにくいものなど用途に合ったものを選ぶ必要がある。

いずれにせよ、1つの業者の言いなりにならず、納得できるまで質問をして疑問を残さないようにしよう。

また、ネット上で複数の業者で一括見積もりすることも可能であるが、ネットのやりとりだけではこちらの情報を正確に伝えることもできない。いくつか候補を絞ったら、実際に来てもらって現地調査をして、詳しい見積もりを取るようにした方が良いだろう。

→『オフィス内装工事&デザインの見積り比較はこちらより』

 

最後に

オフィスの内装は、業務しやすい環境づくりが目的なので、質の良い材料や効率的なデザイン案は必要だが、過度に高級感を出したり華美な装飾で費用がかさまないようにしよう。無理のない予算を提示して、その中で最適な提案をしてくれる優良な業者を選ぶようにしたい。

仕事をしやすいオフィスになれば、従業員のやる気も出て、業務がスムーズに進むようになるだろう。オフィスの改装は、そのための投資と思って、快適な職場環境を作るために余念のない計画を立てるようにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です