ベストなオフィス間取り図の機能性と作り方、そして事例を徹底解説!

オフィス間取り図作りにお悩みではないだろうか?オフィス間取り図はオフィスデザインの基盤である。基盤がしっかりとしていないと、どんなに優れたデザインを行っても失敗と言う結果に終わる。そんなオフィス間取り図はいいオフィスデザインを製作するうえで大切であり、生産性を高める機能もあるのだ。

しかしベストなオフィス間取り図を作ることは難しく、多くの人々が頭を抱えることになるのも事実。そこであなたのオフィスに快適性と機能性を持たすこととができるように、オフィス間取り図の重要性と機能性、そして事例と共にベストなオフィス間取り図を作るコツを紹介しよう。

 

何故オフィス間取り図が大切なのか?

出典:jhoneslava.co

適切な場所に配置された家具、緻密に計算されて作られた空間はオフィスに快適性を与えるだけではなく、オフィスで働く社員の生産性をも高めるのだ。

そんな快適性と機能性を高めるオフィスデザインを行うためには、基礎となるオフィス間取り図を正しく作ることは必要不可欠である。

オフィス間取り図とは、オフィスの部屋の広さ、家具の配置位置などを記した平面図のことである。言い換えればオフィス間取り図は、その後に行われるデザインを成功へともたらす設計図である。

間取り図を描くことで、部屋と空間、そして身体接触の関係を理解できるのである。オフィス間取り図は、人々がオフィスでどのように動けるのかをビジュアル化することを可能にしているのだ。さらに間取り図は、空間があなたのオフィスデザインの目的に適しているのかどうかを簡単にチェックできることも可能にする。

詳しいオフィス設計計画やオフィス建設に進む前に、間取り図をしっかりと確認し、将来起こりそうな問題はないか、デザインをし直す必要はないのかを見極める必要がある。実際にやってみると分かるが、様々なオフィス間取り図を眺めながら人々の動きを想像することは楽しい。

ベストなオフィスデザインを作る大きな要素に空間がある。空間がベストなオフィスを作ることもあれば、失敗作を作ることもある。だから小さなオフィスでも、大きなオフィスを作る時でも、人々が流れるようにスムーズに動ける空間を作ることが必要なのである。それを可能にするためにも人々のニーズに基づいた合理的な間取り図を製作することが大切だ。

 

生産性を向上させるオフィス間取り図とは?

出典:jhoneslava.co

オフィスの設計図となる間取り図はあなたの社員の生産性にいい影響も悪い影響をも与えるのだ。

もちろんあなたは生産性にいい影響を与えるオフィス間取り図を作りたいはず。そこで生産性を高める間取り図の作る時に押さえておきたい3つのポイントをご紹介しよう。

 

 

移動式の家具を使用する

前述したよう、オフィスデザインの成功を握るカギは空間だ。空間を演出するのは家具である。固定式家具の場合、一度置いたら空間を変えることはできない。しかし移動式の家具だとどうだろうか?いつでも簡単に家具を動かせるので、自由自在に空間を操ることができる。

簡単に家具を移動できることは従業員にも良い影響を与える。例えば移動式のデスクを使えば、社員は一人で集中して働くこともできれば、チームで集まって働くことも簡単にできる。完全に個人で行う仕事以外では、移動式家具は大活躍すること間違いない。

窓と机位置の関係性に注意

生産性を簡単に上げたいのなら、自然光の働きに注目してみるといい。研究によると自然光に当たると生産性が高まることが判明している。生産性を高めたいならば、自然光が当たりやすい窓近くに机を置くといいだろう。

様々なスペースを作る

オフィス内に様々な大きさのスペースを作ることはいいアイデアだ。デスク上だけで仕事を行うようにするのだけではなく、ソファに座りながらリラックスしてアイデア交換を行えるスペース、チームで仕事を行うことができるスペース等作るといいだろう。

忘れてはいけないのが休憩スペースだ。休憩スペースと言うと生産性とは真逆のイメージに思えるが、適度な休憩をとることは生産性向上につながるのだ。特にデスクワークとなると、長時間座っていることが求められる。長時間座り続けることは、健康にもよくない。定期的に立ってリフレッシュできる休憩所は大切だ。

→『オフィス内装工事&デザインの見積り比較はこちらより』

 

オフィスデザインを行う際に知っておくべきベストな間取り図を作る7つのカギ

出典:clemsincostarica.blogspot.com

ベストな間取り図を作るには押さえておくべき7つのポイントというものがある。

そのポイントを念頭に入れて間取り図を作るだけで、機能性を十分に備えたオフィスを作ることができる可能性が格段にあがるのだ。

 

 

 

1. 空間作りに重点を置く

オフィスは人の動きが活発な場所であり、流れるように人々は活動を行うことができなければいけない。そのため空間に重点を置くことは大切だ。正方形のオフィスの中でも、モノの配置の仕方によって視覚で認識する空間の感じ方は変わってくる。さらに座っている時と立っている時では感じ方も変わってくることを忘れてはいけない。

2. 様々なパターンの間取り図を作る

様々なパターンの間取り図を作ることは大切だ。何パターンもの間取り図を作ることによって、様々な問題に気づくことができる。ワンパターンだけでは隠れた問題に気づくことは限りなく難しい。

3パターン程度の間取り図を作り、それぞれを比べてみるのだ。必ずいくつか問題が出てくるはずだ。浮かび上がった問題、そして問題になりそうな可能性を全て消去した間取り図を作ることが成功へのカギだ。

3. 目的を考える

間取り図はあなたのオフィスの目的を満たすように設計されるべきである。例えば美術館をイメージしてほしい。美術館では静粛性が保たれていて、人々は流れるように移動行うことが可能である。さらに所々に置かれたベンチは、美術館を使用する人々のニーズを満たしている。

ではあなたのオフィスの目的は何であろうか?チームワークを重視することが必要ならば、各デスクを仕切りで区切るべきだろうか?クライアントがよく訪れるなら、レセプションエリアはどうあるべきであろうか?

あなたはこれから作るオフィスの目的と機能性を常に頭に入れておかなければいけない。オフィスは誰のためにあるのか?オフィスで行われる仕事はどのようなものなのか?この2つの質問は常に自問自答する必要がある。

4. デスクの位置は重要

多くの職種でデスクワークが求められる今、デスクの配置方法は重要だ。例えば、部署ごとにチームとして働くことが多いのならば、デスクを1つの位置にまとめるのがいいだろう。そうすることによってスムーズな情報交換を行うことができる。

さらに仕切りをデスクにつけるのかどうかも考慮しないといけない。視界や耳に入る他人の行動や声は集中力を逸らすことが明らかになっている。チームワークを重視する職場ならば仕切りを外した方がいいだろう。しかし事務や営業、もしくはコールセンター業務等では個人で仕事を進めることが多い。個人で仕事を進めることが多い職種には、各社員のデスクに仕切りをつけて集中して仕事を行える環境を整えた方がいいだろう。

5. コンセプトを考える

オフィスはあなたの企業の個性を表し、ユニークなものであるべきだ。企業文化がよく表現されたオフィスでは、社員は組織の一員であることをいつも認識でき、クライアントはオフィスに表現されたプロフェッショナル性に感服するだろう。オフィスコンセプトを思いつくのは難しい。シンプルでありながらしっかりと企業文化が表現されているのが良いオフィスだ。

例えばスタートアップの企業ならば、これから作るオフィス設計図を額に入れてオフィスの目立つ壁に飾るのは簡単でありながら、美的感覚も伴っている企業歴史を表すいい方法だ。

このコンセプトを考える過程は、オフィスデザイン作りの段階でもできる。しかし初めにコンセプトを考えておくと、より効率よくオフィス作りを行うことができるだろう。

6. 色分けをする

オフィス間取りを製作する際、多くの方がペンで間取りを書く、もしくはパソコンで製作すると思う。その際に黒色だけを使うのではなく、色分けを行ってみるのがおすすめだ。

例えば主な仕事場所はグレー、コミュニケーションをとるためのスペースは赤、チームでミーティングを行うためのスペースはオレンジ、休憩所はブルー等に色分けを行うことによって各スペースの割合がはっきりとする。

7. 社員とニーズを考える

間取り図設計を行う際には社員と一緒に行うのがベストだ。誰もがオフィスに強い感情を持っているというわけではない。そのことを念頭に入れ、多くの社員を抱えているのならばメンバーを選抜し、少数人数ならば全員でオフィスデザインについて考えるべきだ。

例えば間取り図を設計する前に、何度もミーティングを繰り返すのはどうだろうか?1回目のミーティングだけでは見つからなかったニーズが、2回目、3回目のミーティングの際に出てくることはよくある。さらにいつでもアイデアが思いついた時にメモできる共有ボードを各ルームに置いておけば、誰もが遠慮なくアイデアを出すことができる。共有ボードがオフィスのアイデア作りに役立ったならば、新たな職場にも置くべきなのは明確だ。

仕事でも役に立つことは間違いないだろう。ミーティングを重ねることによって、どの社員も持つオフィスに対する潜在的なニーズがいくつか浮かび上がってくるはずだ。そのニーズを取り入れたオフィスでないといけない。

あなたがミーティングで社員に尋ねる質問はオフィス全体に関するものから詳細にまで及ばなければいけない。例えば個室は必要か、必要であるならば何室必要なのか、デスクは仕切りで分けるべきなのか、休憩室はどこに設置するのがいいか等である。

 

オープンオフィス VS 伝統的なオフィス

出典:www.gadgetsnow.com

現在のオフィスデザインのトレンドはオープンオフィスである。オープンオフィスとは、オフィス内から仕切りや壁を失くしたオフィスのことである。

GoogleやFacebookを始めとする多くの大企業がオープンオフィスをベースにした間取り図を設計している。そんな人気のオープンオフィスだが、実はデメリットもあるのだ。

ここからはオープンオフィスのメリットとデメリットを紹介しよう。

 

オープンオフィスのメリット

オープンオフィスを使用する最大のメリットは、区切りがなくなったことで社員同士がチームとして活躍できることだ。それに加え、アイデアを気軽に出し合える環境は生産性と効率性を飛躍的に高める。

2つ目のメリットは、コストがかからないことだ。当たり前だが仕切りや壁がなくなるということは、それだけコストを削減できるということだ。実際に可能な限りオフィスの投資を節約したいスタートアップ企業はオープンオフィスを取り入れている。

3つ目のメリットは、オフィスに自由が生まれるということだ。伝統的なオフィスは各社員にデスクが割り当てられている。しかしオープンオフィスを取り入れている企業の多くは、席の割り当てを行っていない。つまり社員がその日の気分で好きな場所で仕事を行うことができるようになっているのだ。

オープンオフィスのデメリット

オープンオフィスは生産性を高めると信じられている一方、集中力を乱すという声も見られる。その理由は雑音だ。各自がアイデアを自由に出せる環境を生み出す一方、チームで仕事をしていない人は必然的に他人の発する雑音に身を置かれているということになる。

実際に研究でも、仕事中に他人の会話を聞くと無意識のうちに集中力が途切れ、パフォーマンスを低下させることが明らかになっている。チームとして働く人々にとっては大きなメリットとなるが、個人で働く人間もいることを忘れてはいけない。

さらに社員の性格にも注意しなければいけない。誰もがオープンオフィスに適した社交的な人間ということはない。社員の中には外向的な方もいれば、内向的な性格の方もいるはずだ。おしゃべりが好きな人も、静かな人も快適に過ごせるような環境を作る必要がある。何かしらの配慮がなければ、オープンオフィスは内向的な人にとっては辛いだけの環境になってしまう。

オープンオフィスにはデメリットがあることを述べたが、デメリットをカバーする方法もある。例えば、ある企業ではヘッドフォンをつけていたら、それは「話しかけないで」ということを意味しているのだ。他にも、メインはオープンオフィスにして、集中して仕事ができるように完全に仕切られた仕事スペースいくつかを用意している企業もある。オープンオフィスを採用するときは、デメリットをカバーする方法も考えなければいけない。

→『オフィス内装工事&デザインの見積り比較はこちらより』

 

評価が高いオフィス間取り図の事例集

出典:www.geekwire.com

実際に企業が製作した間取り図を見ることは大切だ。良いところもあれば、悪いところもあるので間取り図制作を行う際にはたくさんの企業間取り図・レイアウトを見ていただきたい。

今回は特に優れた間取り図・レイアウトを解説と共に紹介しよう。

 

 

どの企業も参考にできるオープンオフィス

出典:officesnapshots.com

仕切り・壁が一切なくなっているのが特徴的なオープンオフィスだ。オープンオフィスは誰もが好きなところに座席可能なのでスペース効率が非常に良い。

オープンオフィスのメリットを受けるのは部署の垣根を越えてコミュニケーションを行う必要がある職種だ。画像をご覧の通り、仕切りのない机が部署ごとに分かれている。

さらに壁の役割を果たしている大きなアルファベットの文字も企業文化がしっかりと表現されている。どの企業も参考にできるレイアウトだ

 

 

 

 

社員ニーズをしっかりと捉えたDigital Ocean

出典:www.digitalocean.com

青いカーペットが印象的な廊下。青色がつかわれている理由は社名にある。Oceanとは「大海」という意味の単語。

そこでDigital Oceanは企業個性を表すために海を連想させる鮮やかな青を使用したのだ。

 

 

 

出典:www.digitalocean.com

オフィス間取りを製作する前、社員と話し合ったところ、3つのニーズが浮かび上がってきたそうだ。

その1つが自然光に当たりながら仕事をしたいというものである。

そのニーズを叶えるために、Digital Oceanはオープンオフィスを採用し、ほぼ全てのデスクが壁に沿って設置されているのだ。

 

出典:www.digitalocean.com

オープンオフィスを採用しているが、一人で集中して仕事を行いたいという声にも耳を傾けていることがよく分かる画像だ。

社員から出てきたニーズの中で、一人で静かな環境で仕事を行いたいというものがあったそうだ。

そのニーズに応えたのが、個別のスペース。いくつもの個別スペースを用意することで、誰もが静かに集中して仕事ができることも可能にしている。

 

パズルのように合わせることができるデスク

出典:blog.hubspot.com

可動式の家具を使用することは大いに役に立つことは前述した。この企業が使用しているデスクは可動式なのである。

つまり一人で働くときにはそのまま、チームで働くときにはパズルのピースを組み合わせるかのようにデスクをくっつけることが可能なのだ。

レイアウトも自由自在となるので、可動式の家具を採用することを一度考慮していてもいいだろう。

 

小さなオフィスのお手本のようなレイアウト

出典:www.pinterest.com

従業員数が少ない企業のお手本となるようなレイアウトだ。

デスク近くに棚を置くことで、広々とした空間を演出するだけでなく、デスクからすぐに必要なものを取りに行くことも可能にしている。

面積が狭いオフィスでは家具の配置がとても重要となる。

 

 

個人が集中して働くことができるオフィスレイアウト

出典:www.pinterest.com

事務仕事や営業等の個人仕事が多い小さな企業にはピッタリのレイアウトだ。

各デスクにしっかりとした仕切りをつけることで、雑音や他人の行動に気を逸らされることはなくなる。

休憩スペースもしっかりと置いているので、仕事のメリハリをつけることができるレイアウトだ。

→『オフィス内装工事&デザインの見積り比較はこちらより』

 

まとめ

どんなオフィス間取りを考えようと、経験あるプロのデザイナーや建築家の意見を聞きながら行うことが大切だ。時代が進むにつれて、どんな職種でも柔軟性が求められている。それは建築家も同じだ。現代では以前のように型にはまったオフィスデザインは求められていない。

機能性・快適性を備え、且つユニークなオフィスであることが求められているのだ。多くの建築家・デザイナーは経験や実績が十分にあるだろう。しかし大切なのは時代の変化に逆らうことなく、柔軟な発想を行うことができる建築家に依頼をすることだ。

オフィス間取りはオフィスデザインの基礎である。オフィス作りの初期となる段階で社員のニーズを汲み取り、機能性ある間取り図を設計することによってベストなオフィスデザインを作ることができるのだ。

そしてオフィス完成の日、あなたがデザインした空間で社員が素晴らしい仕事を行っている姿を目にするだろう。ぜひあなたの努力が報われるようなオフィス間取りを製作していただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です