作業環境を改善するには?オフィスデスクのレイアウト検討方法

オフィスにおいてデスクのレイアウトにこだわることは、作業効率を上げたり、社員のモチベーションアップ、動線の確保などにとって欠かせないポイントである。

これから事務所を立ち上げる人や、オフィスの作業環境を向上させたいと思う人は、デスクのレイアウトについて検討してみるといいだろう。オフィスの面積や、働く人の数、必要な備品なども考慮して、作業環境を上げるためのレイアウトについて考えてみよう。

 

各所に必要な寸法

出典:urbandesignoffice.com

デスクの配置をする前に、人がスムーズに作業をしたり移動するためにはどのくらいのスペースが必要なのか知っておくといいだろう。

空いているスペースにデスクが配置できたとしても、椅子を引くゆとりがなかったり、そこまでたどり着くまでの動線がスムーズでないと、作業効率や人とのコミュニケーションも取りにくくなる。

 

 

 

一人分のデスクスペース

まず、標準的なオフィス用のデスクに必要なスペースについて考えてみよう。標準的なデスクの寸法は、幅1200mm、奥行き700mmのものが多い。

この場合、デスクの片方に3段の引き出しが固定されているものや、引き出し付きのサイドワゴンをデスクの下に設置することが多いだろう。引き出しやサイドワゴンの幅は350mm程度になるので、デスクの下のスペースは650mm位になる。

また、両袖に引き出しのあるものや、デスクに広げる書類が多く、スペースを確保したい場合などには、幅1400mm程度のものも使いやすいだろう。チェアに座ってデスクで作業している時は、デスクから450mm程度の奥行きになるが、少しデスクから離れて休憩している時は600mm、立ち上がってチェアを後ろに引いている状態では900mm程度のスペースが必要になる。

デスクの奥行きと、座って作業したり立って移動するためのスペースと合わせて1600mmくらいはあるといいだろう。

人が通れる通路の寸法

標準的な人の横幅は、およそ450mmくらいである。そのため、人がひとりスムーズに通れる通路の幅は、最低でも600mmの幅があることが望ましい。また、この場合は一人分の幅なので、すれ違うほどのゆとりはない。

各デスクに向かうための通路や、収納棚に至る通路、デスクとデスクの距離を取る場合にはこれくらいの幅があれば支障はないだろう。また、人がすれ違うことの多い通路の場合は、少なくとも1200mm、できれば1600mm程度の幅があることが望ましい。

デスク周辺の寸法

出典:www.houseplanshelper.com

デスクとチェアが置けたとしても、実際にチェアに座ったり立ったりする動作や、そこまで移動するために十分なスペースが取れないと、作業しにくい状況につながる。

特に、チェアを引くためのスペース、座っている状態から立ち上がって席を離れるために必要なスペースは重要である。デスクから背後まで少なくとも450mmはあるといいだろう。

さらに、後ろを人が通るための通路にする場合は、1200mmほどのスペースは必要になってくる。あまりゆとりがないと、人が通るタイミングと、椅子を引くタイミングが重なった時にぶつかる可能性がある。

また、デスクとデスクを後ろ向き同士で配置する場合、それぞれのチェアを引いたときにも十分ゆとりがあるようにするため、机から机の距離が1500mm程度離せるようにしたい。

理想は、両方の席に着席した状態で、その間を人がスムーズに行き来できるゆとりがあるといいだろう。自分の席の後ろを人が通る度に、気を使って椅子を手前に引くような環境は、作業に集中しにくいだろう。

→『オフィス内装工事&デザインの見積り比較はこちらより』

 

デスクのレイアウトを決める

 

出典:urbandesignoffice.com

ある程度必要な寸法について把握できたら、事務所全体のスペースからデスクの配置に割けるスペースを割り出して、レイアウトのイメージをしてみよう。デスクのレイアウトにはいくつかの方法がある。

どのレイアウトにするかは、働く人の職種や配置できるスペースなどにもよるが、あまりゆとりがない場合には、どれだけ効率的に配置できて動線もスムーズになるよう確保できるかどうかを考える必要がある。

 

デスクレイアウトの種類

・対向式(対面式)配置
机を向かい合わせにくっつけて島形に寄せる配置方法である。一般的な日本のオフィスではもっとも多く取り入れられているレイアウトであるだろう。コミュニケーションが取りやすく、面積効率の良い配置方法なので、少ないスペースで配置できる。

また、部署ごとに島を作って電話や連絡の伝達がしやすくなるという店や、デスクが固まっているので、パソコンや電話の配線がしやすくコードをまとめて収納できるというメリットもある。

しかし、ちょうどパソコン画面の目線の先に向かいの相手の目線があるので、相手と目が合いやすく気まずい思いをすることもある。

・同向式(スクール式)配置
同じ向きに複数のデスクを配置する学校のクラスや塾のようなレイアウト方法である。ほかの人とやりとりしにくくなるが、テレフォンオペレーターなど、個々で仕事をするような業務に向いている。

それぞれの視線が同じ方向になるので、目線が気にならず、プライバシーが確保できるが、それぞれのデスクを離すためには相応のスペースが必要になるし、デスク同士をつなげるとほかの人の後ろを通らないと移動できないなどのデメリットも多い。

・背面型配置席に着いた時に背中合わせになるように、壁やパーテーションに向けて机を配置するレイアウトである。正面は壁やパーテーションになるので仕事に集中しやすい。また、座ったまま振り返ればほかの人ともコミュニケーションが取りやすいというメリットがある。

・フリーアドレス式
最近増えている自由な社風に多いタイプのレイアウトが、フリーアドレス式である。これは、大きなテーブルとチェアだけを用意しておいて、各自好きなところで仕事をする配置方法である。

外出の多い営業職の人などのために席を確保する必要がなく、在籍数よりも少ない席数で済ませることができる。オフィス内は無線LANを採用し、ノートパソコンを個人に支給すれば、配線やデスクトップパソコンが不要になるのでデスク周りがスッキリする。

ただ、従業員の管理がしにくいことや、書類や道具などを机に常備させることができないので個人で使える収納棚を用意する必要がある。

→『オフィス内装工事&デザインの見積り比較はこちらより』

 

レイアウトを業者に依頼する

小さなオフィスなら、自分たちで考えて家具の移動をして調整することもできるが、大人数の大規模なオフィスの場合、業者にレイアウト作成を依頼するのもいいだろう。より効率的なオフィスをつくり上げるには、プロの目線で計算や設計してもらうことも有効である。

業者に依頼する場合は、オフィスの面積や在籍する社員数、どのようなオフィスにしたいかなどの要望を伝えて、打ち合わせをするような手順になる。

料金は、提案だけなら無料のところもあるが、実際にレイアウトの変更や施工までやってもらう場合には有料になる。料金相場は、面積や施工の内容によって大きく異なってくるので、複数の業者に見積もりを取ってもらうといいだろう。

→『オフィス内装工事&デザインの見積り比較はこちらより』

 

まとめ

オフィスのデスクのレイアウトについて、作業効率やプライバシーの面まで考えて配置しているところは意外と少ないのではないだろうか。作業する人も、一般的な配置ならそれほど違和感なく仕事に従事していることだろう。

ただ、少しの改善で、大幅に効率を上げられることもあるし、常々不便に思っていたことが発覚することもある。デスクのレイアウトは、工夫次第でいかようにも変えることができる。

まず、実際に座ってみて、不便はないか、気になることはないか確認してみてはいかがだろうか。人によって、目線が気になったり、直射日光がまぶしかったり、空調が直接当たって体が冷えるということもあるので、要望は千差万別と言える。

時には、従業員が快適に働けているかアンケートを取って、レイアウトを検討しなおしてみるのもいいのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です